女の人

あの頃の需要をもう一度|電話を置くときに必要な電話加入権を知る

優れた安定性が特徴です

オペレーター

災害を契機に固定電話はその安定性と緊急時に強い点から見直されています。固定電話にかかる基本料金は、通話先次第では携帯電話よりも安いため工夫して使用するとお得です。インターネット回線を利用している場合には、IP電話と併用し携帯電話とのセット割引を適用させると節約効果が増します。

詳細へ

電話の記事

電話

固定電話を持つ際にはインターネットの光回線を利用したものを選べば、通常の固定電話より安い料金で維持することが可能です。各社が様々なサービスを提供しているので、インターネットの比較サイトで比較をするのが良いです。

詳細へ

固定の電話の魅力

会社

引っ越しを考えるなら、電話番号が変わるかどうかの確認し、早期の新しい番号の取得が重要だと思います。また、固定電話は、携帯電話と比べ信頼性があるのが特徴で、利用するには電話回線の引き込みや配線が必要になります。

詳細へ

需要が減少する固定電話

電話する男の人

かつては財産とされていた

電話加入権とは、加入電話を自宅やオフィスに引くことのできる権利です。NTTに施設設置負担金を支払った場合に与えられる権利です。かつて70000円以上した電話加入権ですが、平成17年に値下げされ今では36000円になっています。またライトプランも登場しており、施設設置負担金を支払わない代わりに月々の基本料金が高く設定されているプランです。固定電話を設置したい人の多くは、ライトプランを利用する人が増加しています。電話加入権は他人への譲渡や売買が可能になっており、財産として使われてきましたが、今では売却してもお金にならない可能性があります。また、需要が著しく低下したなどの背景も加わって、電話加入権を財産として取り扱うことはほとんどなくなっています。

解約するなら休止

既に電話加入権を持っているのであれば、売却しても価値はほとんどありませんので、必要がなければ、家族や親族に譲渡するか、休止することをおすすめします。休止する際には休止料金が発生しますが、月々の料金がかからなくすることができます。また、新たに電話加入権を取得しようと考えている場合には、36000円の加入権を支払うより、ライトプランへの加入などを検討するほうが得策です。平成17年に一気に半額までなっている事から、今後もまた安くなる可能性があるためです。携帯電話が主流になり固定電話の需要が減少している中、災害時でも安心して利用できるメリットもあります。伝言機能が付いていることが多いため、災害時に音声記録を残すことができるのです。あの頃の需要をもう一度取り戻しましょう。

Copyright© 2016 あの頃の需要をもう一度|電話を置くときに必要な電話加入権を知る All Rights Reserved.