男性

あの頃の需要をもう一度|電話を置くときに必要な電話加入権を知る

優れた安定性が特徴です

オペレーター

2つの種類に分けられます

携帯電話の普及により固定電話を持たない世帯が増えています。基本料金は昔から変わらないため、割高に感じる人も若い世代だけではなく年配世帯に広がっていましたが、東日本大震災を契機に注目されています。固定電話には現在同じ電話番号のタイプで、電話交換機を使った従来の方式とインターネット回線を利用したIP電話の2種類があります。従来の電話交換機を使ったタイプでは、災害時にシンプルな電話機をモジュラージャックに差し込むことで通話が可能になります。電話線に流れる微弱電流だけで昔ながらの電話機ならば通話可能だからです。一方で、インターネット回線を利用したIP電話は災害時にもデータ通信が可能であれば発着信が可能です。それぞれ特徴のある固定電話は災害時に強いことが分かり見直されているのです。

使い方次第でお得になる

固定電話は、通話先相手が固定電話か携帯電話かにより料金体系が異なります。固定電話同士では携帯電話よりも安い金額で掛けられることから、通話が多い人ほど固定電話からかけ直すことで料金の節約になります。IP電話網を利用した固定電話では、距離に応じた料金体系ではなく固定電話宛は全国一律の通話料となるため、長距離電話をかける場合に節約効果が高くなります。インターネット回線を利用している家庭であれば、ひかり電話のような従来の電話番号を利用したIP電話を利用可能です。携帯電話料金とのセット割引を適用可能な環境を整えることで、更に割引効果を増やすことが可能なため家庭の通信料金をまとめると良いです。複数のセット割引が各社から実施されているため、十分に検討して利用すると節約出来ます。

Copyright© 2016 あの頃の需要をもう一度|電話を置くときに必要な電話加入権を知る All Rights Reserved.